上はタイムマシンの写真です。プリゴジン博士は時間の研究者だったので。
by prigogine
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
本当にそう考えているだろうか?
女から見た戦争

歴史は繰返します。
これからだって利害が衝突したら、
奴隷だって植民地だって幾らでも起こり得ます。

戦争に勝って、膨大な植民地資源を入手し、
戦勝国の女性は老後の生活など全く気にせず
植民地の国の人間を奴隷として働かせて
悠々自適の人生を終えたというケースが
スペインやイギリスで幾らでもありました。

お年を召した女性が
「私の生活なんてどうでもいいから」と既得権益を
手放した運動が発生したなんていうのを
私は聞いたことがありません。

戦争に勝ち、安定した植民地資源などを入手したら
前言を翻す人も急増します。
これは性別に限った問題ではありません。
その時、戦勝国の人間の化けの皮が剥がれ
本性が露呈するのです。
人間というのは汚いものです。
[PR]
by prigogine | 2004-04-25 15:52 | トラックバック
<< ストレスの解消法 成果主義と会社の倒産はセットで >>