上はタイムマシンの写真です。プリゴジン博士は時間の研究者だったので。
by prigogine
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:はじめに( 52 )
実験人のつぶやき
言葉だけが一人歩きする小泉改革は成果が見えず、
そのため写真だけで表現するのも非常に難しい。
写真に直せないということは、小泉改革に成果が
現れていないということでもある。
[PR]
by prigogine | 2004-05-05 16:01 | はじめに
IT業界のトリビア
読者二百万人とされる「楽天」のメルマガ執筆者
神谷睦月は仮想の人物で、何人かが引き継ぎながら書いている
のだそうです。
[PR]
by prigogine | 2004-05-05 00:24 | はじめに
今井君の記者会見

18歳の少年、今井君がイラクから帰国後に記者会見を行った。
私は新聞で読んだだけなのであるが、

「自己責任というが、自分達はこの現実を知らせるのが責任だ」

という発言に怒りが爆発しそうになった。
「イラクに関する講釈なんか結構だから血税を返せ!」
というのが今の私の正直な気持ちだ。
責任をとるつもりなら、今後今井君と家族や友人の税金は大幅に
引き上げて責任を取らせるのが筋じゃないのか。

そうでなければ、国は山岳遭難救助と同様、
彼らに請求書を突き付けて欲しい。
今井君を支援する人達が募金活動を起こして金を返すなら、
それはそれで全く構わない。
とりあえず、平凡な生活を送る市民に迷惑を掛けるのは
やめて欲しい。
数億円の経費を金利を付けて返して欲しい。
年間数百万~一千万の金利がついてかなり痛いだろうが、
これを払い切るのが責任だ。

今井君、高遠さん達のやっていることはあくまで道楽だ。
イラクに関する講釈は金を返してからで結構。
[PR]
by prigogine | 2004-05-03 15:06 | はじめに
薪能の夕べ、人生の夕べ
牡蠣が美味しく、私の大好きな佐渡島で
また似たような犯罪があった。

加害者は能楽師。
能舞台を所有しているという。
犯罪自体はどうでもよいのだが、
社会人として今後気になるのは金の流れだ。

能楽なんてもともと儲かるものではない。
もしまっとうな弁護士を雇ったりしたら
彼の家計には激震が起こるだろう...
弟子は全て退散し、客も来なくなり、
(田舎では噂はネチネチと残るものなのだ)
親告罪だから示談に持ち込んだりしたら
足下を見られたりして大変な負担となり
貧しい年金で食いつなぐこととなる。
固定資産税も相続税も払えなくなる。
万引きなどは、まあ「しょうがないなあ」で
済むこともあるが、この種のピンク行為は
何十年も「鬼畜にも劣る」として残る。
その前にこのじいさん死んでるだろうけど。

彼は遠からぬ先に資産を最低一つは手放す
ことになるだろう。
その際の価格は幾らになることか。
[PR]
by prigogine | 2004-05-02 23:31 | はじめに
休息
久し振りに李白に行ったら、
美人のウェイトレスさんは健在でした。

そしてチーズケーキを頼んだら、
何とトマトが付いてきました。
今まで頼んだことがなかったんだけど
新たな驚き。

写真に撮っておけばよかったです。
[PR]
by prigogine | 2004-04-24 23:08 | はじめに
失礼な対応
同僚が書いた社内外の共有のMLに
中国籍の顧客の名前が書かれていたのだが、
名前の字のうち一字がパソコンになく、
黒丸で充てられていた。

失礼だから気を付けた方がいいのではないのかと
言おうと思ったがその必要はなかった。
顧客サイドからの嵐のような抗議文がMLを
飛び交ったからだ。
[PR]
by prigogine | 2004-04-24 16:45 | はじめに
ガリバー旅行記より
「人間は話すごとに肺に負担をかけて寿命を縮めている。
背中に同士となるものを持ち歩き、花が美しいなら
花を持ってニコッとするだけでいい」
とかいった話がありましたが、

重い荷物に腰に負担を掛けるこのテーマの賛否は
ともかくとして、
「人間はブログを読むごとに目に負担を掛けて寿命と時間を縮めている。
物体を写真にして、ネット引用すればそれだけ目もサーバーも楽になる」
という馬鹿馬鹿しい議論も一理ありそうな気がします。
[PR]
by prigogine | 2004-04-24 16:31 | はじめに
友人の沈黙
私の親しくしている友人がよく私を新興宗教に勧誘するのですが
「生まれ変ったらお布施なんて幾らでもしてやるがそれでいいか」
と言ったら
「駄目だ!今しないと駄目だ!組織が回らないから」
と繰り返すので、
「それは現世に執着している証拠で、死人に口なしと同じ意味だ」
と言ったら彼は黙ってしまいました。
[PR]
by prigogine | 2004-04-18 00:23 | はじめに
誘拐された三人の家族と某脚本家へのつぶやき
「水と空気と安全はタダ」という古きよき時代の
日本の論理を海外に押し付けるのは
恥ずかしいのでやめて欲しい。
それではアメリカとどこも変わらない。

こんなことではヨーロッパにも出られない。
ローマのカバキ事件から少しは反省しているのかと
思ったが、全く世論は反省していない。
このままでは鎖国するしかなくなってしまう。
[PR]
by prigogine | 2004-04-13 23:49 | はじめに
唯物論?
哲学者数物系研究者達が唯物論に抵抗を感じるのは分かります。
でも、いつの時代も激しい論争を切り開いてきたのは実験でした。
頭で幾ら考えてきた人も、実験結果には黙るしかありませんでした。
そして実験結果の実現は地に足をつけて展開され、社会から切離せません。
もし、「目で見たものですらも正しくない」と社会的コンセンサスを
受入れられない人々がいたとしたら、例外なく精神病院送りです。
万が一それが出て来るとしたら、それは自分の目に見えているものと
相手の目に見えているものを受入れた後の話でしょう。

また、社会に生きている以上
「他の哲学思想を使い、最適目標に向かい社会をどう変えられるのか?」
「その思想に基づいた選択で腹が満たされるか?」
という演繹的疑問にも答えなくてはいけません。
その疑問に答えられなくては机上の空論と言われても仕方ないでしょう。
「自分の思想はそんなことは超越している」
などと考えるのを投げ出すのはナシです。
その言い分は実はテロリストと実質上何ら変わらないから。
これといって必要性も感じられない、訳の分からない理屈や数式を
その場で展開する前にこういった当り前のことを考えてみては
いかがでしょうか?
[PR]
by prigogine | 2004-04-12 22:07 | はじめに