上はタイムマシンの写真です。プリゴジン博士は時間の研究者だったので。
by prigogine
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:コラム( 28 )
上げ底
中学時代の友達と久し振りに会った。
最初はもちろんキャバクラ。
一人目の女の子は無関心を装っていたが、
二人目の女の子が告発でスタイル抜群超好み。
迷っていたが気前よくボトルを入れてしまった。
二時間ほど居て、気が付いたら七割ぐらい減っていた。
四杯ぐらい飲んだけど、ちょっと高かったかなってとこ。

その後もう一軒飲んだら話が弾んで十一杯も飲んでしまった。
しかし普段はそんなには飲めず、マルガリータなら
二杯で降参する。

じゃ、どうしたかって!?
二玉入りチャーシューを先に食ったのだ。

女は厚いパッドの入ったブラジャーをするし、
私もラーメン食ってから酒を飲む。
[PR]
by prigogine | 2004-05-06 07:48 | コラム
京都
パソコンの中のファイル整理には困っている人も多いと思う。
私も困っていた一人だが、
今は、それほど困ってはいない。

キーワードは私の好きな京都。
大したことはないのだが、
とにかく間口を狭くする。
京都は間口の広さで税金が決まったから
多くの市内の家は間口が狭い。

強引なまでにデスクトップ上の
ショートカットを減らしてしまう。
そして目的別にショートカットに別ける。
現在はゴミ箱やブラウザも含めてアイコンや
フォルダはデスクトップ上にたったの10個。

この仕事を生業とするにしては少ない方だと
自負し、整理出来ていると考えている。
私の部屋とは大違いだ。
[PR]
by prigogine | 2004-05-05 00:47 | コラム
対象外肉骨粉補助金の返還
 兵庫の会社が飲食店から出た天かすや残り肉を
肉骨粉として扱い、一億五千万の援助金を貰った
のでそれを返還するとのことであった。

 一年前迄に一億円近く補助金が出ているという。

 これは言い換えれば融資だ。
 一億円の無担保無金利融資だ。

 一億円の無金利融資があれば、
 中小企業なら無数の約手を落として経営の安定化
を図れる。
 農林水産省は銀行の無担保融資並の金利を付けて
返済を求められないものだろうか?
[PR]
by prigogine | 2004-05-04 13:13 | コラム
人権マフィア
 横浜市のフィットネスクラブでは精神障害
者を受入れ禁止であったのが解除された。解
除されたこと自体は大いに結構なことなので
あるが...

 精神病患者の中には、発作がひどくなり暴
力に訴える人が出ること。これはきちんと実
例のある話で、だから精神科の病棟には鍵が
かけてある。
 知的障害者が街を一人で歩いていると不安
になることもある。今は昔の日本ではないか
ら金を騙し取ろうという奴も必ずいる。

 しかし、そういった実例を全く無視して、
「不愉快な思いをした」の一部の声を受入れ
て、機械的に項目抹消をしてしまった。これ
では精神障害者のためにもならない。少し前
にあったハンセン病の宿泊拒否の話とは違う
のである。何故なら、ハンセン病患者は社会
生活能力を持ち合わせているから。

 精神障害者は定義が曖昧なので以下は仮定
の下に話を進めるが、「禁治産者手帳を持つ
人は付添い者がつくように」などとすればい
いのではないか?万が一のことが起こった時
の賠償責任は付添い者が負うという契約書に
署名する。もし破った場合には会員登録永久
抹消と罰金幾らと決めればいい。
 不快だからと抗議するのはマフィアと手口
が変わらない。今回の解決方法は精神障害者
のためにもならない。双方が不満を持ちなが
らも適当な点で手を打つのが大人の切り口で
あるように思う。


禁治産者」という呼び方が世間では使い方はどう
あれ使う人がいて正しいと思い込んでいたのですが、
法律上使われていないという指摘を受け、私が間違
えていたことが判明しました。
「禁治産者手帳」という呼び名が現存するかは調査
中です。それまではこれを残しても大方意味は伝わ
るので残しておくことにします。


[PR]
by prigogine | 2004-05-03 16:14 | コラム
報道機関の公共性
 報道機関は公共性というと、常に報道の自由を訴えては
政治家の非難糾弾をすることが多い。果たしてこれは正し
いだろうか?
 間違ってはいないが、現在の報道機関には公共性を維持
する上ですべきことが山積しているように思える。

 私が最重要問題と考えるのは金銭問題の報告だ。
 まともな学会では会員の寄付金を詳細に学会誌に掲載し
ている。法人会員の場合には尚更のことだ。
 単調なことのようにも思えるが、これをやらないと公正
な研究や社会性の高い研究ができなくなってしまう。学者
は世間知らずが多いが、それでもその程度の最低限の常識
は持ち合わせている。

 それに比べてマスコミはどうか?
 どこの企業から幾ら広告収入を得たと、コストのかから
ないホームページにでさえも、一つ残らず載せているとい
う報道機関は公正を訴えるほどには多くはないのではない
か?これでは資金明細のはっきりしない政治家の発言と同
様で、記事をどこまで信頼したらよいのか分からなくなっ
てくる。

 人間誰しも誤りを犯すものだから今までは仕方ないとは
思う。しかしもしこれに心当たりのある報道機関があると
するなら、今すぐ直して欲しい。
 入力と出力の不明瞭な制御系などあっても無意味だし、
ドンブリ勘定の企業も信頼されない。
[PR]
by prigogine | 2004-04-29 05:44 | コラム
黄昏時のNさん


派遣社員のNさんはシングルマザーである。
なかなかの美人なので四十を超えているというが、
どうみても三十五以上には見えない。

Nさんは仕事の期限があるのだが、
いつも夕暮れ時になると子供の送り迎えがあるからと
仕事など放り投げて平気で帰宅してしまう。

本人や家族が幸せかはともかく、不満の声は少なくない。
そしてある日。
ついにマネージャーがキレた。
彼女は放り出されることになった。

元を辿れば、
出産をした彼女がいけなかったわけで、出産したなら
離婚をしたのがいけなかった。
たとえどんな理由があるにしろ、だ。
彼女の後ろ姿を見ると、無理をすることが生む歪みが
どんどん見えてくる。
私も気を付けたいものだ。
[PR]
by prigogine | 2004-04-24 01:31 | コラム
激流はこんなところにも
地上波放送は普及しない。
余りのデジタル放送経費の高さに端末が売れず、
放送産業は崩壊してしまうからだ。

質流れのブラウン管テレビが一万円を切る時代に
特に面白いものが出るわけでもないのに
五十万円払えというのは納得がいかないだろう。
二ヶ月分近くの収入という人も多いはずだ。

今、マス・メディアに二ヶ月分の給与を払う人は少ない。
しかも最初は故障が続出するだろう。
代わって出てくるのはUDPなどを用いたネット経由の放送だ。
放送局のアンテナはシスコルータスイッチに取って代わる。
視聴者は従来のパソコンにテレビ局共通の無料プラグインを
ダウンロードするだけになる。
アクロバット・リーダーのようなものだ。
そして同じ放送を見続ける。

ip化の流れは放送業界も押し流し、
地方、海外からの新規参入組も続出する。
総務省の放送免許制度は完全に崩壊する。
もうip化の流れは誰にも止められない。
[PR]
by prigogine | 2004-04-24 00:30 | コラム
イラクの人質解放、疑問点
PTSDと診断された三人であったが、どうも納得のいかないことがある。
政府は海外の医師に診断を依頼して、
それをもとに国内、海外での記者会見を拒否した。

帰国後も日本人医師の見解も公表されていたが、
海外の医師の診断結果も相変わらず公開されていた。

国内の医師免許を持たない人間の診断は医師法違反ではないか?
患者に会ったのが海外であれば診断結果を国内に持ち込んでもいいのか?
母国語の違う医師の信頼度に欠ける診断を容易に信じていいのか?

法律を守らない役人はただのヤクザだ。
こんな決断をした役人、些事と思う人もいるかもしれないが
私はかなり問題があると考えている。
[PR]
by prigogine | 2004-04-20 23:42 | コラム
森前首相の北方領土問題発言
時代錯誤としか言いようがない。
稚内だって人口密度がなかなか上がっていない現状を考えて
今時、あんなところに土地を入手してどうするのか。

日本が北方領土を利用できるまでインフラを整備するには
二兆円はかかる。
そんな金、ドブに捨てても金は回らない。
それ以前に赤字国債の山積した現状ではとてもじゃないが
公共投資など増やせる状況ではない。

二兆円も金があるなら破綻しかかった年金基金に金を補填
した方が余程いい。

今、あの土地を有効利用するとしても、
使い道は不法投棄の業者のゴミ捨て場ぐらいにしかならない。
良心的に考えてもゴミ処分場の建設ぐらいにしかならない。
でも、それは処分場がないという意味で、
土地がないという意味ではない。
[PR]
by prigogine | 2004-04-20 07:20 | コラム
メディアのねじれ
 意外にも知られていないことだが、女子ア
ナの中には本名を使っていない人がいる。昔
NHKの「ニュースセンター9時」で太郎
んとさんがいるなんて、あまりにも出来過
ぎていないかと疑問で仕方がなかった。そう
したら、矢張り偽名の人もいた。リンク先の
合格証書の表記を見てみて欲しい。
 さて、女子アナが恋愛をして写真週刊誌に
掲載されると、不思議な現象が起こる。彼女
達の私事なのに、雑誌には本名が掲載されな
いし、彼女達の方も「広報部を通して」くれ
と言う。
 本来なら、私事なのであるから写真週刊誌
には本名で掲載されて、女子アナ達も答えた
ければ(普通答えたくないだろうが)堂々と答
えればよい。普段のテレビ番組では演技をし
ているが、ブラウン管の中の労働活動とは関
係なしに一個人として話せばよい。
 女子アナの写真週刊誌報道には明らかにね
じれが存在している。写真週刊誌は一個人を
公人扱いし、テレビ局も写真週刊誌報道に合
わせ、私人に公人としての振る舞いを要求し
て広報を通すよう強要する。カメラを離れた
彼女達は激務に疲れたただの社会人だ。
 弱い一社会人に過ぎない女子アナは報道の
被害者として、ストーカーに追われていつの
間にか職務と無関係の内容で才能を磨耗して
ゆく。
[PR]
by prigogine | 2004-04-18 00:08 | コラム